施工例紹介

NEW

Story4. 1万Kmの彼方からこだわりのリフォームを

N様邸

ご主人のお仕事の関係で、イギリスのマンチェスターに移住されていたN様。
ご帰国が決まり、帰国後のお住まいをお考えになられた結果、ご主人のご実家の2階を改装し、ご両親とのご同居をご決断されました。

渡英の際は、子供さんがまだいらっしゃらなかったので、帰国後の住まいなど考えておられなかったのですが、いざ帰国が決まると、半年しかなく急ピッチで住まいを考えられる事となりました。そこで考えられたのは、ご主人のご実家の2階を改装し、2世帯住宅にする方法。

さっそく、インターネット等で資料請求を数社されたそうですが、一番早く親切、と印象を持っていただいたところが当社だったそうです。
そこから、当社とお客様とのやり取りが始まりました。

スタッフは時々、イギリスへ打合せに・・・と言いたいところでしたが、主に打合せは電話やFAX、メールで行いました。
実は、帰国されるまで、お客様とお会いしたことが無かったのです。
サンプルをイギリスに送り、同じサンプルやカタログで話を進めていく日々が続きました。
「1番のカタログの○ページの右から○番目・・・」というように・・・
一番私たちが苦戦したのは、ご主人とお電話する時の、会社の受付から取り次いで頂く時。
「でぃす いず ふじわ~~~らぁ。ぷりーず・・・・○○」この文字でご想像いただけるでしょう・・・。
会社内は緊張感と笑いをこみ上げるのを我慢する事で必死でした。

AFTER


さて、本題に戻りますが・・・・
リフォームの中でも大掛かりだったのは、奥様こだわりのキッチン。
こだわりは、動線、ミーレの食洗機、かっこいいレンジフード、対面キッチン前の収納扉のデザイン、カウンターと扉との相性、収納の配置・・・。
本当に勉強家なご家族で、オーダーメードの素敵なキッチンが出来上がりました。

二日に1回のペースでのお電話で親しくさせていただき、今も奥様とは話題が尽きる事はありません。

AFTER


「お風呂も家族みんなで入れるお風呂を」とのご希望で、1.25坪サイズを選ばれ、高級感があり、広々としたバスルームが完成しました。

頻繁に工事中の写真をイギリスへ送ってくださったり、現場の観察をしてくださったご両親のご協力もあり、順調に工事を進めることができました。
本当にありがとうございました。

その後もトイレ・洗面室の改装もさせていただきました。
今テレビで話題の便器「アラウーノ」を設置され、収納充実の洗面台を取付けられました。
帰国後、もう一人娘様が誕生され、お二人とも大きくなられました。
娘様もピアノのお稽古事をされ始め、お子様の成長と共に、暮らしの変化が少しずつあるようです。

施工例紹介TOP
ページトップへ戻る